« とんど祭 | トップページ | タイ式トイレ! »

これもご利益?

Photo 京都御所そばの護王神社を参拝。
昨年は左右のかかとの痛み、左足首の捻挫、背中を痛めて腰辺りにまで痛みが出たり・・・と続いたので、足腰の守護神として広く崇敬されている当神社を参拝することに。
「 いのしし神社」とも呼ばれているだけあって、狛犬ではなく狛猪、手水舎で水を吐いているのも猪、大絵馬も猪。猪の剥製まである。
Photo_2
この神社の祭神は和気清麻呂。
清麻呂公が都から大分に向かわれた際、突如300頭もの猪が現れて道中を無事に案内し、清麻呂公の足萎えが不思議と治癒したという故事によるのだそう。
今年が亥年ということもあるのだろうが、神社の方によると、例年のこの時期なら参拝客は少ないのに、今年は観光バスで来る団体さんも多く、今日だけで500人の予約が入っているそうだ。
だが、干支が理由だけではなく、やはり何歳になっても自分の足で元気に歩いていたいという願望があるからだろう。高齢者だけでなく、若年層の参拝客も多い。
Photo_3 これは足型に乗って参拝している様子。
皆一生懸命に手を合わせている。
ワゴン車2台で特別養護老人ホームに入所されているらしき方々の参拝の姿も。
無事参拝して京都駅に着いたら、何と人身事故で京都線が運転を見合わせているとのことで、電車には運転再開を待つ人でいっぱい!
せっかく足腰の神社にお参りしてきたのに、帰りの「足」がないなんて・・・。
結局京都から新大阪まで新幹線利用。こんな形で久しぶりに「のぞみ」に乗るなんて。
まあ、別の「足」が確保できたのもご利益があったということか?

|

« とんど祭 | トップページ | タイ式トイレ! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これもご利益?:

« とんど祭 | トップページ | タイ式トイレ! »